胴と垂

剣道では、竹刀を利用して試合を進めることになります。その為、竹刀で攻撃された時に体を守る防具があります。
それは、胴と垂という防具になります。これは、そこまでこだわる部分ではありませんが、サイズはしっかりと測った上で購入したほうがいいでしょう。
サイズが合っていないと胴体部分になりますので、剣道の試合中に動きにくかったり、試合に集中できなくなったりします。
そうなれば、自分のモチベーションも下がってしまいますので、剣道防具を選ぶ時はサイズをしっかりと測るのがとても重要になります。
胴や垂部分は、本人の身長、体重、性別、年齢などによってサイズが異なります。その為、インターネットで購入する時はサイズ表を確認してからのほうがいいでしょう。
サイズ表は、剣道防具を購入できるサイトには掲載されていることが多いです。ですから、購入前に防具を身に付ける人に合わせて選んで下さい。
もし、どのサイズがいいのか分からない人は、実店舗で実際に測ってもらうこともできます。
実店舗が見つからない場合は、インターネットでサイズの測り方を掲載してくれているところがありますので、そこで確認して本人のサイズを測ってみて下さい。

子供の剣道防具を選ぶ時は、大きくなることを見越して少しサイズが大きいものを選ぶでしょう。
ですが、剣道の試合の時に動きにくいと感じることがありますので、本人の体にあった胴と垂部分の剣道防具を用意してあげて下さい。
最近では、格安で販売しているサイトもありますので、そういったところで揃えるのもいいでしょう。